本文へジャンプ 
        かわうちワイン株式会社
本文へジャンプ
高田島ヴィンヤード便り
 このページでは、高田島ヴィンヤードの今の様子をお伝えします。 不定期なアップデートなので、時々観に来てくださいね。
2017年9月
 高田島ヴィンヤードは、約3ha、ブドウ植栽面積は約2.5ha。シャルドネ約3500本、メルロー約3500本、カベルネソーヴィニオン約2500本が植栽されています。

 

 高田島ヴィンヤードの先には、川内村を取り囲む阿武隈山系の山々が幾重にも連なり、フランスを思わせるような景観が楽しめます。

 ドローンで撮影した高田島ヴィンヤードの全景です。

 2017年12月
 ブドウ苗木の1本1本を、防寒資材(エアキャップシートとアルミ蒸着シート)でカバーしました。 すべてのブドウ苗木に防寒対策を施すのに連日6−15人が約40日(延300人日以上)かかる作業でしたが、11月下旬から12月下旬の作業で完了することができました。 これで、凍害発生が抑制されることを期待しています。 レンいつの作業に参加ご協力いただきました方々に厚く御礼申し上げます。

 



 防寒対策が終わった後の圃場は、苗木を覆う防寒資材できらきらと輝く苗木が見渡す限り並んでいる異次元の光景となっています。 また一部には、夜間ライティングイルミネーションも施しました。 2月下旬まで漆黒の闇の中に広がる幻想的な光景もお楽しみ頂けます。 ぜひ一度ご覧ください。


 2018年7月
 今年は、川内村の気温も高く、ブドウの成長は順調です。 多くの苗が3年目を迎える2019年9−10月の収穫を目指して栽培しています。 病虫害にたいする防除にも留意して、元気なブドウを育てています。7-8月はブドウの緑も濃くなり、最も美しく力強く見える季節です。ぜひ一度ご覧ください。

 
   2018-2020 All Copy Rights Reserved by Kawauchi Wine Company